老いそして命の尊厳にローズの香り

  • 2011.11.28 Monday
  • 08:53
 

1128日(月曜日)老いそして命の尊厳

父の介護が私のワンルームアパートで始まりはや17日が過ぎた。父は、まだ1度も入浴をしていないが、病院では寝たきりになり体に力が入らないそして排便が気になり指でかき出して辺りかまわず触るという最悪の時から、今では自分でトイレに行き食べたいものも食べて伝えられ、かすれ声から声がでる所まで体力が出てきた。体重も174センチ40キロから42・5キロと増えてきた。

私が考えている父の介護のプランとしては、これからショートステーを2週間して夜と昼が逆転してしまい、明け方3時からお腹がすいてしまい少量のお粥とスープを飲む生活からしっかりとした生活のリズムを付けて、毎日の入浴をしてもらい。自宅で1人にしても大丈夫であるという事をケアーマネージャーの方に解ってもらう事である。父は、集団生活を嫌がり、【わけのわからない人といるのは嫌だ。】と訴えたので、私は【お父さん自分で身の回りが自分で出来る練習と、後お風呂入ってないからお風呂に入りに行って下さい。】と言うとその日から何と、自分で洋服を着て、夜中ジュースを自分で飲むから枕元に置いておいてくれと言われて、自意識が高まってきた。やはり、認知症になっていても気持ちをしっかり持たせておけば、自己の確立は可能であるようだ。

 毎日のアロマセラピートリートメントは、欠かさないように介護の方たちにも説明をした。朝晩専用のディフューザーとそしてマッサージを14-5回するその間私は毎日通い全身の80分程のマッサージをする。

 昨晩、アリスが丘公園脇にあるアリスの杜のショートステーの場所に父に会いに行くと、父は入浴をしてさっぱりとしていた。部屋も北欧風の木目の柱や箪笥がある個室部屋6畳ほどの広さでトイレと洗面も各部屋についていてとても快適そうだった。

父は、私が行くと目をしっかりと開けてかなり気持ちははっきりとしている状態で、【ここいいよ。 入っている人も良い家の人が多いから、でも変な世界に来たね。皆年寄りばっかりだから・・・・】病院で9月15日まで経営していたばりばりの現役で自分の孫や子どもと同じ年の人達と働いていた父は、自分も同じ年の気でいたようだ。そして、私が頑張って自分で身の回りの事が出来るように練習して、一人で私と同居できるようになり、前橋の御墓参りに行こうと目標を伝えると、父は【そうだね。】と言った。食事は、やはり余り食べられず。クリームシチューをジューサーにかけてもらったのを1カップ食べただけだった。明日は、父の好きなものを少し持ってきて食べてもらう事にする事にした。

 そして、父のマッサージを手から初めて、肺の上と背中そして足、フェイスをローズとネロリのオイルで1時間ほどすると父はゆっくりと午後8時に眠りに付いた。寝ている間に私は、自宅へと自転車で帰宅した。その晩は私も8時間しっかりネロリとローズの香りと共にと深い眠りに久しぶりに付けた。

LOVE&LIGHT,
MIDORI

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Wholistic  Healing  Center  ARGUTHA

107-0062 東京都港区南青山1-22-5

tel03-6447-2896

fax03-6447-2897

E-mailinfo@argutha.com

Webhttp://www.argutha.com/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

                                

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM