南仏のアロマティックジャーニー パート1

  • 2019.07.02 Tuesday
  • 00:28

 

南仏のアロマティックジャーニー  6月11日から26日

 

生憎の雨のルーマン城にて

クロアチアのスピルトから90分程で南仏のニースへのフライトは、あっという間に到着した。到着した日は、生憎の曇り空で、南仏の爽やかな青空で迎えられなかった。5月の下旬位から日没は、8時過ぎで、エリザベスと私は、夕方のフライトで到着しても辺りは、まだ明るかった。

クロアチアのスピルトで実は、私は食中毒になってしまい。前の晩食べた焼き魚が、妙な味がしたので不安になりながら食べたら、食後5時間半後丁度真夜中12時半頃に急に気持ちが悪くなり、トイレに駆け込んだ。その後、水を少しずつ飲みながらトイレに行き嘔吐を繰り返した。夜中の2時間後少しずつ嘔吐が収まり、頭痛と発熱を催した。常用していた私のパーソナルブレンドの夜用のカプセルに、ふらつきながら5滴のオーガニックオレガノエッセンシャルオイルを5滴入れて、グラス一杯の水で飲みほした。30分位経過した辺りから、少し気分が悪いのが落ち着いてきて、うとうとと眠ると、4時半位に再度気持ち悪くて目が覚めた。そして、ベッドで気を失うかと思うほど気持ち悪く体から力が抜けて行った。ゆっくりと私は、体を起こし、枕元に合った、パーソナルブレンドの夜用のカプセルにゆっくりと手を伸ばし、再度オレガノオイルを5滴程足して、グラス一杯の水でカプセルを飲む事30分程すると嘔吐が収まった。発熱と頭痛はまだあったが、私用の夜用のブレンドカプセルにカモマイルローマンやメリッサオフィシャナリス、野生のアルパインラベンダーなど鎮静効果が高いオイルが含有されているので、気持ちも落ち着きうとうと眠りに入った。しかし、食中毒の毒素は、再度3時間後7時半ぐらいに体内で暴れだし気分が悪くなり、目を覚まし、今度は3滴オレガノオイルを足して飲むと、20分もしない内に嘔吐が収まり、水分を補給できるようになった。その日、エリザベスは念願のゲーム オブ スローンのプライベートツアーに予約していたので、早起きして私の部屋に来て、一言『 どうしたの?』と聞いて、私が、『昨晩の焼き魚に能った。味が変だったから。』焼き魚はしっかり焼いてあったが、何故か味がまずかったと説明すると、『オー シット  』とつぶやき、せっかくプライベートツアーに予約したのにと言う顔色で、私を見たが、余りにも私が具合悪くしているので、心配して何かあった時に滞在していたアパートの持ち主に連絡してくれた。』その後、3時間おきに3滴ずつオレガノオイルを既存のカプセルに足して私は、部屋で何も食べずに、お水と丁度持ってきた梅干を少し食べて、部屋で横になっていた。午後5時過ぎ丁度魚を食べた11時間後にやっと発熱と頭痛が収まり、体に力が出てきたので外に出て早く良くなるために、オートミールを買いに外にでた。スピルトのお城のすぐ近くのアパートだったので少し観光を使用という気持ちがあったが、1日何も食べずかつ食中毒だったので、体に力が入らず近くのお店でオートミールを買うのがやっとだった。オートミールを作り、オイルを再度夜7時位に飲みその20分後にひと肌程度の温かい緩めオートミール少し食べるとやっと体に少し力が入りだした。ハワイのジョンにも、グーグルハングアウトのビデオトークで話すと、安心してくれた。オレガノは、長旅には、欠かさず持って行かなくては、ならない教訓は、3か月のインドのヨガ修行の時に学んでいたので、本当に救世主だった。梅干は、戦時中東南アジアで医者として勤務していた叔父が、梅干のおかげで、腸チフスから治癒した話を聞いていたので、梅干も長期の旅行には必ず私は、持って行く。薬よりも梅干が何よりだ。と胃腸科の専門医の叔父が行っていた。そして、梅干の塩分が体内のPHのバランス整え、お水と飲むことにより、脱水症状を回復する。オレガノは、天然の抗生物質なのでオレガノと梅干は、無敵の私の旅の友だ。

 病み上がりの私は、その後採食主義に戻した。(ヨガの修行中10年間ビーガンだった。ハワイに移住後オーガニックのお肉と小魚を食べる様になった。)後、以前にフランスで、サラミにあたった経験もあり、お肉と魚を食べない様にした。という訳で、私は到着後、夕食は、野菜スープを軽く食べて空港の近くのホテルで体を休めた。

 次の日、目を覚まし窓の外を見ると、コートダジュールの真っ青な青空が広がり、太陽が気持ちよく照っていた。気温は23度だった。そして、クロアチアでハードスケジュールだったので、フランスのホテルは、本当に部屋が狭く、スーツケースを開けられないので、部屋ではゆっくりリラックスできないのが常だ。

私達は、お昼までゆっくりと半日、ホテルのカフェブランチで本場のカフェオレを飲みながら、南仏のアロマティックジャーニーの経路計画を確認した。

そして、空港までシャトルバスで戻り、エリザベスと2人でレンタカーをした。勿論GPS付きのレンタカーにし、そしてオイルの買い付けの為特大のスーツケースを抱える私達は、レンタカーのカウンターで車をアップグレードし、少し贅沢だったが、ボルボのSUVにししいざ!南仏のアロマティックジャーニーを開始した。

 その日私達は、フランスのスピード強ドライバー達に負けないくらいハイウェイを飛ばし、ニースから北西に車を時速140キロで走らせ、グラースやカンヌを通り過ぎる事約3時間で、ルールマラン村の端っこの築100年以上のビンヤードとオリーブ農園を経営しているB&Bにチェックインした。部屋に入ると、アンティークのオリーブ色のキングサイズのベッドが壁を挟んである部屋で、エリザベスと私は、大満足!ホテルでは、味わえない広さだった。長旅の為、私達は、B&Bのオーナーと近辺の観光の見どころなどを訪ねながら、私達の片言のフランス語とオーナーの片言の英語でコミニをした。ヨーロッパの宿は、ほとんど階段なので、オイルとハイドロゾルが詰まっている私達の重たいスーツケースを部屋に運び入れるのは、一仕事だった大変だ。

 次の日は、天起用法によると生憎の雨毛様の様なので、アロマセラピーのミュージアムを訪れた。そこには、中世の時代貴族たちの為に蒸留されたエッセンシャルオイルの蒸留器や研究室そしてナチュラルパフュームのブレンド用のオイルが陳列されているアンティークデスクなど、夢の様な世界が広げられていた。唯一そこで陳列されていたサンプルのオイル達は、可なり古いのか酸化が始まっていて嗅ぐと臭かった。外に出ると小雨の中、アロマティックガーデンがあり、ラベンダーの開花には、まだ少し早く蕾のままで、ローズせんてぃフォーリアは、5月が開花の時期なので残念ながら見どころを逃していた。唯一咲いていたのが、クラリーセージだっうた。薄ピンク色と薄い紫が可憐に1メートル程に成長した九ラリーセージの茎と葉の間にピラミッド型に咲いていた。 そして、アンジェリカやジャスミングランドフォーリアなどが元気よく茂っていた。雨の中、オリーブ畑やリンゴ、チェリー畑の中を駆け抜けて、私達は近く城下町のカフェで昼食をとった。

南仏のランチは、ゆっくりサーブされる為、1時間半程予定しておくのが良い。私は、セットメニューのチーズ盛り沢山のボリュームサラダとカプチーノを食べた。城下町で、オーガニックバルサミコ酢の専門店に入るとラベンダーやバジル、ジンジャーそしてクミンなどを煎じている珍しいお店に入った。試食もできて、大満足重たいスーツケースに、お土産様に1本ラベンダーが煎じられているバルサミコ酢を買ってしまった。

 その日は、早めにB&Bにもどり、南仏のビオ赤ワインとまたまたチーズと少し雨で冷えた体に、5種類のビーンズスープを食べて眠った。

 プロバンス地方の北、ドローム地方に次の日は車を走らせて辺り一面蕾のラベンダー畑を見ながら、険し山道をエリザベスは、慣れたハンドル裁きで、パナマの警察官から学んだアグレッシブ(可なりの強引な)なハンドル裁きで車を走らせた。

GPSに次のB&BのアドレスをいれてB&Bの目的地が出てこないので、町の名前をいれてとりあえず車を走らせると、南仏のグランドキャニオンの町でランチを取り、車を走らせると事3時間、新緑深い山道に車が飲み込まれていく様に車を走らせた。

風が少しずつ冷たく感じライムストーンの山肌より、針葉樹の黒松やモミの木が生い茂る山中のスパニッシュブルームの黄色が目に鮮やかに入ってくる道になって行った。ドローム地方は、オーガニック栽培が殆どで、バタフライガーデンなどがあり、大自然のアルプスの真っただ中にある地方にローム川が流れていて、現地のマーケットは色とりどりの季節の野菜や果物そして南仏のバスケットが手御頃な価格で買える。全て現金なので、沢山現金が必要な、南仏の旅は、毎回痛切に感じる。フランス人は、カードの手数料を嫌うので、殆ど現金での支払いが主流になる。

 寄り道をしながら、のんびりとした気持ちで車を走らせていたら、いつの間にか夕方7時になっていた、6月の南仏の日没は9時当たりなので気が付くと真夜中になってしまうので、エリザベスと私は、日が沈む前にB&Bにつけるように急カーブの続く山道をドライブした。何とか目的地のバーナブィ村に着くとそこは、本当に本当に小さな村でメイン道り以外は、畑と森だった。そして、到着の時間を連絡していたので、一人のロシア系の体格の良いバーバラが私達をまだかまだかと待っていてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーバラのB&Bは、坂道に沿って建てられた伝統的なフランスの一軒家を改装した可愛いお部屋だった。私は、大きなバスタブがあったのが一番気に入り予約をした。専用の駐車場というより空き地に車を止めて、50m程小さなバイクに台車が付いた荷物を運ぶ専用バイクに、なんとバーバラは、私達のスーツケースを軽々載せて、エリザベスが彼女の横に乗り、私は、歩いてその後を追った。ついた場所は、洞穴の様なお部屋に、素敵なキッチンとアンティーク調のクイーンサイズのベッドとソファーや机が素敵に並べられたしっくりと来るお部屋だった。私は、ツインで予約したというというと、バーバラは、大丈夫直ぐ持ってくるからといって。彼女は、またまた軽々と私達のスーツケースを部屋に運び入れた。エリザベスと私は、彼女の力持ちに驚き、エリザベスは、きっとリタイアしたロシアのKGVだ。と2人で大笑いした。10分ほどするとバーバラは、またまた軽々と折り畳みのシングルベッドを持ってきて、あっという間にベッドリネンをセットして、明日のブレックファーストは、外のガーデンで食べてね。と言って何時が良いか、確認してくれた。私達は、8時にお願いしますというと、OKと言った。エリザベスが、このB&Bは、1人で経営しているのかと尋ねると、彼女は、『勿論、そうよ。』とにっこりと笑って部屋を出て行った。石造りの素敵な部屋の欠点は、WIFIの電波が殆ど届かず、残念所だった。私は、ブログを書く事をほぼ諦めて、明日の元気の為に、夜用の私の心のヒーリングブレンド用パーソナルブレンドのカプセルを1つ、グラス一杯の水で飲むと瞼が緩み眠りについた。夜になると、ふと4月26日に息を引き取った大切な親友を思い涙が止まらない時があるので、このカプセルで心を落ち着かせる。

 明け方、5時には目が覚めてしまう私は、早起きをして肌寒いドローム地方の朝唯一持ってきた長袖のチェックのシャツを着て外に出てWIFIの電波をたどりながら、ジョンに滅セージを送った。フランスに入るとブルガリアから私は、万が一の為グーグルマップのペアリングをジョンとして、私の位置をジョンに確認してもらっていたが、一応1日1回は、生きている事を知らせたかった。気が付くと、WIFIの電波は、バーバラの家の玄関前が一番強くすぐ横に美しいバラが丁度満開に咲き誇っているバラガーデンだった。ドローム地方は標高が高いので丁度バラの開花の時期だった。私は、肌寒い中美しいアルプスとローズの写真をとり、ジョンに『ボンジュール マイラブ 』とメッセージを送ると!『わー!ビューティフル』と送り返してきた。

 フランスのアルプスの山々に囲まれて、フレンチローズに囲まれて私は、カフェオレを飲みフランスのペティットデジャネ(朝食)を楽しんだ。

 

 

この次は、次のブログに続きます。

 

LOVE&ALOHA

MIDORI

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM