パラダイスハワイの復活祭イースターパワー

  • 2019.04.23 Tuesday
  • 10:47

4月21日 日曜日 晴れ気温25度 

今日は、イースター復活祭の祝日。キリストが処刑された日は、グッドフライデーで金曜日も祝日で3連休の週末だ。

キリストが処刑された3日後に蘇った日をイースター、復活日でキリスト教徒の祝日。

グッドフライデーは通常採食で過ごすか、ファースティングをするのもキリスト教徒の習わしだ。

我が家は、無宗教であるが伝統を重んじて金曜日は、ジュノぺーゼのパスタを食べて過ごした。

 

イースターは、キリスト教でない人々命を大切にする伝統的お祝いする為に、バニー(ウサギ)を象徴し始めたのは、18世紀に一般的になったと考えれれています。

ウサギは大抵の場合、子沢山なので命の象徴として飾られ、その他卵も同様に命の象徴として飾られる。

ゲームとして卵をガーデンに隠したりして、子供達が卵探しをする催しも行われる。(BBC NEWSによ)

また、復活際のその他の起源は、イノシシによって殺されたタムズの死後、セミラミスによって設定された春の儀式にさかのぼります。伝統によると、彼の母親の涙の地下りよってタムズは地球上に現れた新しい植生の形で『復活』しました。

イースターバニーやエッグは、セラミスによって確立された慣習にさかのぼることができます。ウサギは稔性とその女神イシュタルと長い間深く関連していました。古代のバビロニア人は、天からゆーふラティス川に落ちた卵についての伝説を信じて、そこから女王アスタルト(別名イシュタルまたはセミラミス)は、孵化したのです。

 

つまり、キリスト教でも無くても、命の復活を象徴する祝日は、アメリカや西洋では珍重されて家族皆で集まり、

生きている事への感謝の心や、生命の復活を珍重する祝日になっているのです。

 

少し焼き過ぎてしまいブラウンエッグ

私は、義理の母マーサーと2人前日から、イースターエッグに似たメレンゲのクッキーを焼いたり、

自家製のシナモンバンズの生地を練ったりして、仕込みをして、その合間に義理のお父さんとマーサー3人で

カニオヘベイの見える米軍基地の敷地を散歩に行き、家族という大切な繋がりに感謝しながらイースターの準備

をしました。

 

 

イースターブランチの当日は、義理のお兄さんトムの家族とジョンの家族皆合計8人で食事をして、エドが

卵を庭に隠して、孫3人は、13歳のロキシーとカリーナ、15歳のオーエンはあっという間に12個の卵を見つけて、

卵の中のクオーターコインを手にして喜んび、

『グランパは、隠すのが下手だから直ぐ見つけたよ。』

と誇らしげに卵を手に一杯にして庭から帰ってきて、皆でブランチを楽しみました。

 

食事から帰ってくると、我が家のヤシの木に生え茂っているパッションフラワーが1つ可憐に咲いているのを見つけて

私は、イースターのパワースポットを感じて感動!

何故ならば、パッション!フラワーの語源は、14世紀ローマンカソリックの司祭は、木質の蔓が、花を咲かせる珍しい植物として捉え、花びらの上の輪の様な形状の雌蕊の周りに円形があり72本のフィラメントをあり、この数は、イエスキリストが身に着けていた、王冠の刺の数だと示唆され、また5つの花弁と5つの愕は、10人の使徒たちを表し、5つの雄蕊は、イエスの手の傷の数を象徴するとし、中央の雌蕊は、十字の形をしていてこれをイエスの手や足を打ち付けた釘を表し、また開花後1日だけ咲きこの開花の時間はイエスが、張り付けられて息を引き取る十字架で過ごした時間を表し、そして花びらが卵巣の上に閉じ込められるので、征服者は、これがイエスが墓に置かれて、『十字架の謎』または『隠された知恵』と象徴されて考えられ、パッションフラワーを神聖なイエスの花として珍重されていたのです。

 

そのパッションフラワーが、昨年の4月12日に発芽して、12か月と9日目にして初めてイースターの日に開花したので、私はこの3本のヤシの木に生え茂るパッションフラワーを我が家のパワースポットと感じ、感動!復活のエネルギーを創造した

3本のヤシの木に生え茂るパッションフラワーがイースターの朝に開花した!

 

 

蔓をよく見ると、蕾がいくつもなっているので!夏には、リリコイ(LILIKOI ハワイ語でパッションフルーツ)のジャムやジュース・お菓子を作るのが楽しみ!

パッションフルーツは、ビタミンC・A豊富で、フラボノイドも豊かで抗酸化作用・糖尿病にも効果的・免疫力強化・抗がん作用・LDLコレステロール低下・循環機能強化・心の鎮静効果で不眠症や心配性にも効果的な、スーパーフードです。私の開催しているアロマセラピープライベートリトリートにご参加の人にも是非このリリコイを楽しんで貰いたいの、ジュースを冷凍してジュースをご提供しますのでお楽しみに!

 

そして、翌日エドとマーサーの家でヨガのセッションを60分程して、マーサ―の目標である、

床から支え無に一人で立ち上がる事が出来たのです。

ヨガを初めて4回目のセッションで第一の目標を達成したマーサーにエドと私が拍手で迎えました。

サンフランシスコの義理の姉アナにも、電話で伝え!ジョンにはショートメールで伝えると家族1段になり喜びがあふれた日に

なりました。

 

マーサーは、『 70歳に戻れたようよ。』と私の手を取り喜んで!

 

パラダイスハワイのエネルギーは、どこまでも感動を届けてくれるのです。

 

LOVE&ALOHA,

MIDORI

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM