カエナポイント オアフ島の最西端まで年明け車を走らせる

  • 2016.01.05 Tuesday
  • 14:31

1月2日 2016年 晴れ時々雨 気温24度

ハワイの冬は11月あたりから突然大雨が嵐のように降る。
師走夜の8時あたりから31日は、オアフ島の町が花火の花がドドーンという大きな音と一緒に咲き乱れる。7月4日の独立記念碑の10倍それ以上の花火の量だ。年明けを盛大に迎えるアジア中国人の移民達の風習だ。ハワイでは、個人の花火は違法なのに何千人の人々が花火を打ち上げた。毎年その中の1人だけが逮捕される。それは、まるでくじ引きのはずれどころか、年明け早々ローカルニュースに写真が出回り有名になる大当たりの人である。
1月1日は、バーク家では運がよくなる年明けメニューは、黒豆ではなく、ブラックアイピーという白豆に黒い点がついているトマトシチューを食べる。私達は、年明けの挨拶がてら4時あたりに家をでると、オバマ大統領の隣に住んでいる彼のご両親の家までいつもは15分で行くのに、大統領の移動の為の交通規制と土砂降りで道が沈没した補修工事とで55分ほどかかり到着した。彼のご両親は、82歳と80歳で今年も元気に年を明け、私たちに優しい笑顔で『ハッピーニューイヤー』と迎えてくれた。彼の5歳上の姉アナと彼女の息子15歳のジョーもにこやかに『ハッピーニューイヤー』と迎えてくれて、私たちも同じに挨拶を笑顔で返した。日本のお正月とは打って変わり、さっぱりしていて私にとっては、おせちを食べ過ぎて日本酒で迎えるよりも何故か心も体も軽く新年を迎えられる。
 2日の日は、カリーナが昨日からお母さんの家で過ごす日だ。2人で色々と他愛のない会話をしながら時間を過ごした。お昼過ぎに私が海苔巻きをキュウリとビーツの三梅漬け海苔巻きときゅうりとカルビーの太巻きを作ると、彼はあっという間にお肉の方を2本平らげた。私は、ハワイに来てからオーガニック葉つきのビーツにはまり、サラダやお漬物、炒め物にして毎日のように食べている。なのでお正月も何時ものように、冷蔵庫からビーツの三梅漬けを切り刻み海苔巻きを作ってたべた。キュウリのさっぱり感とビーツの甘さとしょっぱさがとても愛称がよい。勿論海苔は日本から持ってきた。何故かハワイや海外で購入する海苔は、風味が落ちるのと直ぐに湿気てしまう。ご飯も何故か味がしないのだ。日本のあきたこまちやこし錦等を買っても、アメリカの人には違いがわからないようだった。それはフランスにチーズが2000種類あるのと同じように、日本の食文化の繊細さだ。贅沢な食事ではなく微妙な味の変化を味わうのがハワイの私の小さな食の幸せである。
 海苔巻きを食べた後、彼がドライブに行こうと誘ってくれた。時計を見ると午後3時を回っていた。
久しぶりの遠出だった。といっても50マイル(28キロ)先の最西端カエナポイントを見に行こうと誘ってくれた。ノースシヨアは有名になり観光客で賑わい込み合っているが、カエナポイントは、まだ観光化が進んでいないのでローカルな感じでだからと説明してくれた。私も25年ほどハワイに来ているがカエナポイントには、まだ一度も行った事がなかったので少し年明け新しいハワイの発見で心が弾んだ。カイルアからH3ハイウェイの広大なハワイの火山で刻まれた山間を抜けると6車線のH1ハイウェイはいりものすごいスピードで車が行きかうハワイのハイウェイは、スピードを出さないと危険な位車が右から左から車線を割り込みながら走る。ディズニーホテルのある新しい観光スポットコオリナを通り過ぎると1車線のハイウェイになっり、景色はあっという間にタイムスリップしたように昔のハワイの町並になった。小さな南国調のカラフルな家がパームツリーとブーゲンビリアやハイビスカスが野性的に生える中立ち並び、日系の人たち用に日本の村上スーパーマーケットなどがハイウェイ沿いに建てられている。マーカイビーチを通り越し横浜ベイを過ぎると潮の香りが日本の海の香りになった。海藻のにおいと漁船の為魚の匂いが窓を開けていると入ってきた。彼が『学生時代よく兄と魚を釣りに来たんだよ。小さな500フィートのボートを買ってね。』と学生時代魚釣りをして魚をマーケットに販売しておアルバイト代わりにしていた事を話してくれた。ドライブは、車の中で何気ない会話が楽しめるのもドライブの楽しみの一つである。横浜ベイ過ぎると乾燥した雑木林が茂る渓谷が海岸繊維ならび渓谷に沿ってハイウェイが引かれている。

ビーチのウェイブが見えてきた。それは深く透明なガラスのような海水の山が大きくうねり崩れると白い泡に消えていく。カイルアの優しい並とは違うハワイの海のダイナミックさを見せてくれる。ロコの若者たちが大きなトラックにサーフボードを積みサーフィンを楽しみに年明け1月2日から新年のサーフィンを楽しんでいた。日に焼けた肌に、各々のタトゥーをいれている中で、トラックの助手席で何かを探している女性の美しい黒髪、ロコガールのTバック調のビキニが自然に生えて美しビーチを彩っているのを横目にカエナポイントの入り口に入るとミリタリーの展望台のゲートが山沿いにあり、そこから行き止まりのカエナポイントのオアフ島の最北端そしてオアフ島は、なんと一周できる道路がなくここと途絶えていて、一周するにはUSミリタリーの人たちだけがカエナポイントの先を管理している。私たちは、ビーチに降りて1枚ボケボケの写真をとりサンセットを見て2人でサンセットの美しさを肩を組みながら歩いて楽しんだ。あっという間に日が沈み車に戻りカイルアに車を走らせた。

  2016年のお正月は、今年も静かな平和な年になる予感がしてきた。

INNER PEACE UPON US 10ml ロールオン
ローレル 6滴
ワイトローズ 6滴
シスタス2滴
ベルガモット9滴
ブッダウッド4滴
ジュニパーベリーアリゾナ3滴
ネロり5滴
メリッサ1滴
効能と使用方法: 鼻の下、こめかみ首の後ろに塗布して深く深呼吸をし心の平和の喜びを感じて瞑想をする。毎日の繊細な出来事を感じ感謝の気持ちを深めて生きる喜びを感じられる香り、
人間は、日常の生活に喜びを感じる感謝の気持ちがあると幸せを深く感じて生きていく事が大切だと実感できる。

LOVE&LIGHT、
MIDORI
info@argutha.com



 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM