アロマセラピーで手足口病に対応する方法

  • 2015.07.17 Friday
  • 03:43

7月16日 木曜日 晴れ時々雨



湿度も高まる夏子供の皮膚の感染病手足口病がはやる季節。
コクサッキウィールスの一種が原因になり発生するウィールス疾患病です。
症状は、手の平、足の裏口内に水泡が発生する。乳児や幼児にみられる疾患である。成人にも免疫力が引くと発生する。
夏に発生しやすいので汗疹と間違えられやすい。感染経路は鼻や咽頭からの分泌物や便などによる接触感染である。感染から発症までは3-5日間程度とされている。
症状は、初期症状として発熱、咽頭痛がある。1-2日五には手平や足の底、膝裏、足の付け根(鼠径部)などに痛みを伴う水泡症丘疹が発生し、口内にも水泡が出現するのが7−10日間続く。通常一週間から10日間で自然に治癒するがまれに急性髄膜炎が合併し急性農園を生じる。エンテロウィルス71の感染症例では、他のウィールスを原因とする場合より頭痛、嘔吐など中枢神経合併症の発生率が高い。またコクサッキーA16感染症例では心筋炎合併症の例がある。出産直前の妊婦が感染した場合は、生まれてくる新生児に感染する恐れがある。ウィルス型EV17では重症化した場合、髄膜炎、脳炎、急性弛緩性まひを起こし急性脳炎に伴う中枢神経合併症による死亡例が多いとされている。

治療:現代の医学では、手足口病の為の特別な治療方法はない。

予防:ワクチンは無いので手洗いとうがいを奨励する。

アロマセラピーでの対応方法:

ステップ1:症状が軽い場合のブレンド
ジャーマンカモマイル 2滴
カモマイルローマン2滴
フラゴニア3滴
フランキンセンス6滴
キャリアオイル:カレンドュラCO2WAX 5滴 ホホバオイル 15ml ボラージ5mlヘーズルナッツオイル10ml
使用方法:一日3回患部にコットンや綿棒などで塗布して使用する。

ステップ2:症状に痛みや発熱がある場合のブレンド
ジャーマンカモマイル3滴
カモマイルローマン3滴
ペパーミント5滴
フランキンセンス9滴
ヘリクリッサムイタリカム5滴
キャリアオイル:アロエベラ15mlカレンドュラCO2WAX5滴ボラージ10mlカロフィルム5ml
使用方法:30分から一時間に一回患部にコットンや綿棒で塗布する。

注意:
通常3日ほどすると症状が 緩和されてきますが、それが見られまない場合は、他のブレンドで対応する必要があります。
info@argutha.com でご相談ください。エッセンシャルオイルとキャリアオイルは全てセラピュティックグレード(内服可能)な物を選択してブレンドされて下さい。
アーグッタでのブレンドの作成も承っております。

LOVE&LIGHT,
MIDORI





 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM